韓国ドラマ作品紹介 PR

韓国映画『恋愛の抜けたロマンス』キャストexやネタバレあらすじをご紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは~🌼

最近話題のソン・ソック出演の恋愛映画😏

本作では優しい笑顔も何度も観れて癒されました(*‘∀‘)!

日本で今夏に上映されたばかりの映画がもう配信(レンタル)に上がっていたので、早速見てしまいました(*´ω`*)💕

あらすじや、キャスト情報、ネタバレをまとめていますので、ご覧ください🌼

『恋愛の抜けたロマンス』

引用元:namu wiki

あらすじ

仕事も恋愛も思い通りに進まない29歳ジャヨン。元カレとの別れから恋愛引退を決意したが、耐えがたい寂しさに勝てず、最後の望み“デートアプリ”で相手を検索する。一方、仕事も恋愛もカモにされる33歳ウリ。恋愛の痛みも引かない内に編集長から19禁コラムを引き受けることになり、半強制的に“デートアプリ”に加入することになる。名前、目的、本音すべてを隠して会ったジャヨンとウリ。1ミリも期待していなかったが、1日目から2人は互いに惹かれ、恋愛のようなそうでないような微妙な関係が始まっていく。

引用元:『恋愛の抜けたロマンス』公式ホームページ

作品情報

  • 原題:연애 빠진 로맨스
  • 邦題:恋愛の抜けたロマンス
  • 監督: チョン・ガヨン
  • 脚本:チョン・ガヨン、ワン・ヘジ
  • 公開日: 2021年11月24日(韓国)/2022年7月8日(日本)
  • 上映時間: 95分
  • 配給:クロックワークス

韓国映画『恋愛の抜けたロマンス』キャストex

ハム・ジャヨン
(チョン・ジョンソ)
報道局を辞め、父親のワッフル屋を手伝っている。
ポッドキャストをすることが夢。
マッチングアプリでの名前はマク・ジャヨン。
パク・ウリ
(ソン・ソック)
元小説家。
18禁コラムを書くよう編集長から指示を出され、困っている。
マッチングアプリでの名前は、ヒヨドリ。
ソンビン
(コン・ミンジョン)
ハム・ジャヨンの親友
ユミ
(キム・スルギ)
ハム・ジャヨンの親友
ウソン
(ペ・ユラム)
ハム・ジャヨンの親友
バーで働く
編集長
(キム・ジェファ)
パク・ウリの上司。
パク・ウリに18禁のコラムを書くように指示する。
ハム・ジャヨンの祖母
(キム・ヨンオク)
ハム・ジャヨンにいつも良いアドバイスをしてくれる。
ハム・ジャヨンの父親
(キム・グァンギュ)
ワッフル屋を経営している。
ミンソク
(イ・ハクジュ)
ハ・ジャヨンの元カレ
引用元:『恋愛の抜けたロマンス』韓国namu wikiページ

韓国映画【恋愛の抜けたロマンス】出演者情報

【ハム・ジャヨン】チョン・ジョンソ

インスタグラム

引用元:『恋愛の抜けたロマンス』公式HP

Instagramアカウント⇒wjswhdtj94

プロフィール

名前전종서(Jeon Jong Seo)
生年月日1994年7月5日
年齢29歳
身長167cm
血液型A型

主な出演作品

2022年身代金
2022年ペーパー・ハウス・コリア
2024年ウェディング・インポッシブル

【パク・ウリ役】ソン・ソック

インスタグラム

引用元:『恋愛の抜けたロマンス』公式HP

Instagramアカウント⇒sonsukku

プロフィール

名前손석구(Son Suk Ku)
生年月日1983年2月7日
年齢41歳
身長178cm
血液型B型

主な出演作品

2021年D.P.—脱走兵追跡官ー
2022年私の解放日誌
2022年カジノ
2023年D.P.2
2024年殺人者のパラドックス

韓国映画『恋愛の抜けたロマンス』ネタバレ

付き合って1カ月の彼氏とすぐに別れ、「もう恋愛はしない」と決め、大切な友人らと飲んだくれるハム・ジャヨン。

一方、ヨニ先輩の結婚が決まり、ショックを受けるパク・ウリ。

ハム・ジャヨンは、「恋愛をしない」といいつつも寂しく、手当たり次第男性にアタックしてみるが‥

いい人は見つからない。

愛の架け橋

そんな時、とうとう”旧正月”を迎えてしまう。

マッチングアプリ”愛の架け橋”から、

【運命の人を見つけ実りある旧正月を】とのメッセージを受け取ったハム・ジャヨンは、

いつもならスルーするところだけど、今回はスルー出来ず‥

マッチングアプリで出会った男性と待ち合わせをすることに。

マクジャヨンとヒヨドリ

その男性とは、マッチングアプリ名”ヒヨドリ”のパク・ウリだった。

ちなみに、ハム・ジャヨンは”マクジャヨン”と名乗っていた。

二人のデートは、朝っぱらから平壌冷麺とお酒のコース。

朝からお酒を自ら飲むほど酒豪で、がつがつした性格、そして挙句の果てには下ネタ連発のハムジャヨンに、

やや押され気味のパク・ウリ…😱😱😱

そんなパク・ウリが、マッチングアプリ”愛の架け橋”に登録した理由は、

編集長からの指示で【18禁のコラム】を書く必要があったから💦

乗り気ではないものの、コラムをきちんと提出していくパク・ウリ。

気持ちとは裏腹に、全てを魅せないのがエロの極意と編集長から褒められ、評価は上々。

距離が近づく2人

お酒を飲み、語り合ううちに、なんでも話せる仲になっていた二人。

何度も会っていくうちに2人の”関係”も深くなっていく…💕

引用元:My Drama List

そして、コラムの方はと言うと、皆が次の配信を楽しみにするほど、人気に拍車がかかっていた。

そのおかげで50万PVを突破、愛の架け橋も会員が急増!

皆からはさすが小説家!と言われるも、

ハム・ジャヨンの事を真剣に好きになったパク・ウリは「もうこれ以上書けない」と編集長に告げる。

しかし、社長から「10部まで書いたら、小説の連載ができるかも」と言われている編集長も、引き下がらない。

2人の思い出

そんな時、元カレの結婚式が行われることを知ってしまうハム・ジャヨン。

パク・ウリを巻き込み、”結婚式を潰しに行く”ため、乗り込んだが、そんな勇気は出ず💦

しかし、代わりにご祝儀の”芳名帳”を盗んだパク・ウリ。

ハム・ジャヨンのさえない気持ちを救い、感謝されたパク・ウリは、密かに嬉しそう‥💕

ところが、その後2人が遊園地に行ったとき、

パク・ウリが今まで書いていたコラムの存在を、ハム・ジャヨンが知ってしまう(´;ω;`)

自分をターゲットにされ、怒るハム・ジャヨン。

ハム・ジャヨンを傷つけてしまい、2人の関係は最悪…

ネットでさらされる個人情報

ネットではすでにコラムを書いたパク・ウリを特定されていた💦

幸い、ハム・ジャヨンの名前は伏せられていたため、特定はされていないため、

無傷!と言い張るが、平気ではない様子。

でも、それよりコラムに書かれたことはともかく、

【自分のために元カレの結婚式へ行ってくれたことも演技だったの?】

と思うと余計に切なかった…

その頃、18禁コラムの件が大ごとになってしまい、パク・ウリは会社を退職。

時が経った頃‥

念願のポッドキャストがスタートするハム・ジャヨン。

自分の目標を達成させたハム・ジャヨンに対し、コンビニ店員をしていたパク・ウリ。

2人はお互いへの未練が残ったまま日々を過ごしていた。

そしてある日、2人は導かれるように運命の最下位を果たす✨

その場所とは、2人が初めて会った日に一緒に行った平壌冷麺の店だった💕

ここでいつか会えないか‥とハム・ジャヨンを心待ちにしていたパク・ウリ。

ようやく願いが叶い、再会した2人。

パク・ウリは、すかさず”恋愛“をしよう。会いたかった‥

と本気の告白‥🥰💕

今度こそ結ばれた2人は、まだしていなかった”恋愛”をスタートさせるのでした💕

韓国映画『恋愛の抜けたロマンス』まとめ

以上、『恋愛の抜けたロマンス』でした😏💕

ちょっと大人な恋愛映画化と思いますので、好みは別れると思いますが、ソン・ソックファンはぜひご覧いただきたい作品です💕

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!